矯正歯科でデンタルクリーン┃歯の健康に気をつける為に歯科へ行こう

白い歯の模型

一般歯科で予防する

虫歯や歯周病を予防するために

昨今の熊本の歯科では、虫歯や歯周病などの治療はもちろんですが、それらの予防も積極的におこなわれるようになっています。 虫歯や歯周病の原因となるのは、食べかすによるプラークです。プラークとは、食べかすが細菌によって分解されたもののことです。口腔内には、数百種類もの細菌が住み着いています。それらによって食べかすが分解されると、本来は栄養分のある食べ物だったはずが、歯や歯茎に悪影響を与える存在に変質するのです。これが増えることで、虫歯や歯周病になってしまうわけです。 いくら虫歯や歯周病を治療しても、プラークがある限り再発する可能性は高いです。そのため熊本の歯科では、プラークを除去することで、これらを予防するようになってきているのです。

予防のための定期的な通院

プラークの除去は、一般歯科でおこなってもらうことができます。多くの場合は、虫歯や歯周病の治療の際に、追加でおこなってもらえます。それにより、治療後の歯や歯茎は、より長く良い状態を保つことができるようになります。 しかしそのまま月日が経過すると、歯にはまたプラークが多く付着するようになります。すると再び、虫歯や歯周病になる可能性が高くなってきます。 そのため熊本の多くの歯科が、プラークの除去のみを受け付けるようになってきています。そういった歯科では、特に虫歯や歯周病の症状が出ていなくても、プラークの除去をしてもらえるのです。 プラークの除去は、定期的におこなうことが肝心です。そのため熊本では、治療目的ではなく予防目的で歯科に通う人が増えています。